いかに合意形成できるかにチーム力が問われているの話 | お知らせ | 経験を活かして働ける訪問介護スタッフの求人を鶴見区周辺でお探しの方に最適です

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2022年02月04日 お知らせ

いかに合意形成できるかにチーム力が問われているの話

社長「できたら新しく介護を始める人を採用していきたい。経験者のヘルパーさんは、以前の会社のやり方からなかなか脱却できない部分があるんだよね。」

 

私「わかりました。」

 

心の声(遠回しに俺の事ディスてきてんのかこいつ・・・)

 

まず私自身が別法人からやってきた者なのです。訪問介護聖火より、経験も以前の法人の方が長いんです。自分では気づきませんが、当然前のやり方に染まっているだろうなぁとは思います。

 

とある利用さんの情報共有ライングループ内での話。

「なにかあるよりは安全を・・・」

というような対応の意見が出ました。

その時私が感じたのは、

 

むむむ・・・そこはリスクほぼなくないか?

でした。

 

以前の法人ではおそらく許容されていた場面です。正直、私はもやっとしていました。

でもここの違いを認識する必要があるんですよね。

大事や安全に配慮することが間違いではありません。

自身のやり方に固執せずに、対応を検討する必要があります。

でも自分の経験から提案できる対応については提案してみる。意見を出しあえることがいいチームでは…と思います。

ただ皆で取り決めたことから逸脱した対応を独断で行うのは、チームとして成り立たない行為ですよね。

 

そういうチームをどうやって成り立たせるか。

自分と反対意見が出た時に、管理者の皆さんはどうしますか。

経験のヘルパーは、どうやって提案していきますか。

 

本社鶴見K(登録ヘルパー)

Recruit

募集要項

アイコン

045-834-9912
9:00 〜 18:00

アイコン エントリー